魔法の言葉

 

気になるコラム

 

ほめ言葉をたくさんかけてあげてください。

子どもが自信をつけて、やる気を出すようになりますとの事。

 

        “どんな言葉をかけるの”


(1)「いつもいつも」を使ってほめる。

  いつも頑張っているね」というように、“いつも+ほめ言葉”と組み合わせる。

  

  「いつも」以外に、「ずっと」「次も」「これからも」もやる気につながる言  

   葉です。

 

(2)「あれも」「これも」と複数でほめる。

  「あれもこれもできるね」と、いいことを集めてどんどんほめる。


(3)子どもをほめるときは自分もほめる。

     
(4)ほめるタイミングを逃さない。

      後ではなく、その瞬間にその場でほめる。
 

(5)「痛かったでしょ」ではなく「頑張ったね」を使う。

  転んだとき、すぐに「痛かったでしょ」と助け起こしてしまうより、立ち上が   

  るまで少し待って「頑張ったね」とほめてあげた方がいいです。

 

(6)叱るのは少しだけほめるのはたくさん。

  子どもが悪いことをしたときは大目に見てあげましょう。

  そして、よかった部分、頑張った部分を認めて、そこを

  ほめるようにしましょう。

 

子どもの性格や心をほめてあげるだけで、「自分のことが大好き」と感じることができ、伸び伸びとまっすぐ育ってくれますとの事。

 

どんなに些細な事でも、やって当たり前、ではなく
“えらいね、がんばってるね、ありがとう”とほめてあげる事が大切なのかなと思いました。

 

倉持